虫歯とは

ズキズキ、シクシクと痛い虫歯は困りますね。食事も摂れないですし、放っておくと歯周病の原因にもなります。 溶けて無くなってしまったり、虫歯が進行して抜かざるおえない時もあります。 虫歯は、う蝕といって風邪と並びあたりまえにかかる疾患といっても過言ではないでしょう。 このサイトでは虫歯についてのあれこれや、治療法について解説します。

虫歯になる原因のひとつとして歯垢(プラーク)があります。 歯垢は口の中の常在菌と食べ物のカス、唾液が結合し歯の表面に付着します。放っておくとどんどん厚くなり歯と一体化してきます。 虫歯のもととなるう蝕原性菌は、食品の中の糖質や乳酸が好物で、歯垢の中に酸が大量に作られると口腔内のPHが酸性になり歯の表面のエナメル質を溶かします。これを石灰化といいます。通常は唾液の作用やはみがきで再石灰化するのですが、エナメル質の中にう蝕原性菌が侵入すると穴が開きどんどん進行していきます。 この穴がまだ小さいうちに治療すれば、治療の期間も短く済みますし何よりそんなに痛い思いをしなくてすみます。 虫歯が悪化すると、口内の細菌も増え、それが体内に入ることによって別の病気を引き起こすこともあります。

虫歯は毎日の歯磨き習慣など、ちょっとした予防で防ぐことができます。 歯は一生付き合っていく大切なものです。無くなってしまう前に今ある歯を大切にしましょう。 では、虫歯になってしまったらどのような治療法があるのでしょうか。

▽注目サイト
虫歯が悪化して歯が無くなってしまった場合はインプラント手術をすることも出来ます ⇒ インプラント